毎日の勉強は欠かさないてんちょーです。

さて、おすすめの書籍ということで、

嫌われる勇気

著者:岸見一郎氏、古賀史健氏

2015年には舞台化されてるんですよねー。そしてなんと、2017年にはテレビドラマ化もしてたりします。

香里奈さん主演のドラマでしょ?見てましたよ。
正直、内容は今思い出せと言われても思い出さないけど・・・。

舞台は知りませんでした!
この本、僕はAudibleで聴いているのですが、聴いて10分も経たないうちに舞台にしたい!と思いました。
なので、やります。このままでは出来ないので、この本をヒントに物語を書かせていただきます。

この記事を書いている今は、まだ全て聴き終わっていません。アドラー心理学もも初めて触れたんですが、何か凄い力で引き寄せられているんです。

もちろんアドラーの思想にも共感というか、納得させられていますし、誰かに伝えたいとも思ってます。

心理学と聞くと何か難しい感じがしますが、この本の構成が面白いんです。
アドラー心理学を唱える哲人と、自分が変えたい青年というキャラクターを使い、掛け合いの物語風になっているのでわかりやすいのです。

青年が少しずつ変わっていく様が伺えて、この後どうなるのか?と楽しみになるんです。極端にいうと、Audibleだと、ずっと聴いときたい!!!

これ、本当です!

僕のスマホのAudible画面ですが、本当に便利です。
僕は、ちょっと病気があって、視力が普通ではないんですね。
実際、読むとなると、人より少し時間がかかってしまうんですね。
なので、このAudibleは僕に取って素晴らしい武器になってます。

続編の「幸せになる勇気」は確実に聴きますね。

この本を読んで感じることは人それぞれなので、僕の意見は当然僕の主観ということでご了承ください。

必ず舞台作品にしてみます。そちらもお楽しみにしていてください。

がんばりまっしょい!